カテゴリー別アーカイブ: 動物のジオラマ(1)白頭鷲の止る岩

白頭鷲の止る岩(3) 岩を作る(その2)

 サンドシェル技法の実際
彫刻した発泡スチロールの表面を薄い砂の層で固めます。AIM01_0025_5
木工ボンド原液を約1割ぐらいの水で薄め、発泡スチロールの表面に突くようにして塗ります。
このくらいの大きさでしたら 全体を4回に分けて作業するくらいで良いでしょう。

AIM02_0031_5
砂のフルイ分けで出来た一番細かい砂を使います。
市販品を使う場合はそれに近いものを選び、砂に着色されている色は薄めの色が良いです。
砂は手ですくって一気にかけます。丁寧に少しずつ撒く必要はありません。

AIM03_0030_5
撒いた砂はトントンと指でたたいて払います。
木工ボンドに付いた最下層のみが乾燥してカリカリの皮膜になります。

AIM04_0027_5
次に塗る木工ボンドは、境目で前の砂を掻き回してしまってもかまいません。
またその上から砂をかけます。
木工ボンドの上から砂をかけることが、この技法の基本です。
先に木工ボンドと砂を混ぜたものを塗ると、砂の重みでタレてしまいます。

AIM05_0033_5
側面にハミ出した砂と木工ボンドは良く落としておきましょう。
乾いてしまってからでは取るのが大変です。
全体に砂をかけたら、一旦乾燥させます。
(木工ボンド原液またはそれに近いときは 木工ボンド水溶液よりも乾きは早いですが それでも6時間以上かかることがあります。)

AIM06_0054_5
乾燥後地肌が見えているようなところは木工ボンド原液を塗り・・・
.
AIM07_0055_5
砂をかけて補修します。

AIM08_0058_5
その後全体に木工ボンド水溶液をかけますが、矢印のような穴のあるところは砂で埋めて補修しておきます。

AIM09_0044_5
砂が固まった状態がこんな感じになります。

.

白頭鷲の止る岩(2) 岩を作る(その1)

AIM01_0001
材料・・・・ベニヤ板、角材、発泡スチロール、厚手の和紙、その他
ベースは70x70x4mmのベニヤ板
柱は30x14x115mmの角材

ベース板の中央より少し後に垂直に立てます。
木工ボンドを塗って底面より木ねじで止めるとしっかり固定されます。
上部は鷲を乗せますが、少し前傾姿勢を取るように傾斜を付けます。
柱30mm幅に対して前縁で3~4mm位下げます。

AIM02_0012
ベース外形より少し大きめの発泡スチロール板に柱を通す角穴を開けます。
板の厚さは10~15mm程度

AIM03_0015
最初の一枚は全面接着、二枚目からは柱の周りのみ接着します。
接着剤はボンド発泡スチロール用を使いました。

AIM04_0028
下から二枚位をベニヤ板に合わせて成形します。

AIM05_0030
上部は柱の傾斜に合わせて成形しておきます。

AIM06_0035
発泡スチロール彫刻具を使って周りを崩して行きます。

AIM07_0038
Photo by T.Tsuruoka
できれば作りたい岩の参考になるような写真を用意して、雰囲気を掴むようにすると良いです。

AIM08_0038
大体崩した後は、ピンセットで地層の境目を強調するように崩しましょう。

AIM09_0041
発泡スチロールの彫刻はこんな仕上がりになります。

AIM10_0042
地面切断部をスチレンボードで囲みます
接着剤はボンド発泡スチロール用を使いました。
写真撮影を忘れて途中まで切断してしまいました。

AIM11_0046
刃先を内側へ1mm位出してこれを目安に発泡スチロールのカーブに合わせてスチレンボードを切断します。
カッターナイフの刃が食い込んだときは無理をしないで、一度外してやり直すとまた軽く引けるようになります。
刃の進む方向に指などを置かないようにご注意ください。

AIM12_0047
こんな感じに仕上がりましたが、コルクブロックと白頭鷲をおいて全体のバランスをみてみます。

側面の補強
AIM15_0003_8
4角にRを付けました。
これはお好みで角のままでも良いと思います。

AIM16_0006_8
スチレンボード側と和紙の両方に少し薄めた木工ボンドを塗ります。

AIM17_0007_8
空気が入らないように良く密着させます。

AIM18_0008_8
つなぎは背面で行いますが、紙厚の段差が出来ても良いと思います。

AIM19_0009_8
各コーナーにハサミで切れ目を入れて木工ボンドを付け内側に折り曲げます。

AIM20_0016_8
隙間が出来たところはもう一度木工ボンドを塗って接着しておきます。

AIM21_0017_8
木工ボンドが乾くとこんな感じになります。

AIM22_0019_8
裏返して段差を切り落とし・・・

AIM23_0021_8
側面を切断します。

IMG_40414h
これでベースが完成しました。
次はこの表面を薄く砂で固めて岩を作ります。

 

白頭鷲の止る岩(1) 計画

aim010020
アクセサリーの展示台として上の写真のようなものを作ります。
発泡スチロールの部分が岩になりますが、これは以前に説明しましたサンドシェル技法を使って製作します。
ベースのコルクブロックは、適当なところにピンを打って アクセサリーやメモ、写真 などを展示するスペースになります。
このブロックはコルクではなく建築柱材などを切断したものや、また合板を組み立てて箱のようにしたものでも良いと思います。

aim020023
この白頭鷲 (Bald Eagle)は大変に良く出来たモデルです。
ドイツのミニチュアモデルメーカー シュライヒの製品ですが
こちらで販売していますのでご覧ください。
コルクブロックは180x90x90mm ホームセンターなどで売っています。