白頭鷲の止る岩(6) 最近製作した作品

20015年11月9日製作です。

IMG_1595sb

IMG_1597sb

IMG_1599sb

IMG_1598s

 

広告

白頭鷲の止る岩(5) 岩表面の製作と全体の組立て

AIM01_0091_7
岩の下部は小石や小岩がゴロゴロと転がっている状態にしました。

AIM02_0093_7
上から木工ボンド水溶液をかけます。

AIM03_0094_7
下にたまった木工ボンド水溶液は、ティッシュなどで吸い取って乾燥させます。
(木工ボンド水溶液は乾くのに そのときの湿度や条件にもよりますが6時間~12時間、またはそれ以上かかることがあります。) 

AIM04_0105_7
次に色の濃い砂を、筆を箒のように使って隙間を埋めるように撒き・・・

AIM05_0107_7
上から木工ボンド水溶液をかけて乾燥させます。

AIM06_0110_7
地面の稜線部分にカラースポンジ粒を木工ボンド原液で・・・

AIM07_0111_7
しっかりと貼り付けます。

AIM08_0116_7
山の中腹のなだらかな草原に柱のように立つ大きな岩・・・を
イメージして全体にカラースポンジ粒を撒きました。
上から木工ボンド水溶液をかけて、乾燥させます。
ここまでカラースポンジをたくさん撒くのでしたら、前の段階の小岩、小石はあまり撒かなくても良かったですね。

AIM09_0121_7
「素材・部品作り」で製作した草と灌木を植えます。
芯材が発泡スチロールですので穴開けが楽です。

AIM10_0123_7
こんな感じになりました。良い雰囲気になったと思います。
この後側面をツヤ消し黒塗料で塗りました。

AIM11_0124_7
白頭鷲に穴を開け竹串を2本差し込み、岩の頂上にも穴を開け、
これをエポキシ樹脂系接着剤で接着します。

AIM12_0128_7
隙間や穴を、木工ボンドを塗った上に砂を撒き木工ボンド水溶液をかけて補修しておきましょう。

AIM13_0139_7
コルクブロックは#240位のサンドペーパーでざらつきを落し、水性色付きニスを塗って仕上げます。
岩の底面とコルクブロックはエポキシ樹脂系接着剤で接着して完成です。
(完)

.

白頭鷲の止る岩(4) 岩を作る(その3)

岩の塗装
AIM01_0086
塗料はアクリル絵の具を使用しました。
色はデルタセラムコートの
左から 02436, 02542, 02488, 02025, 02505 です。

AIM02_2445
Photo by (c)Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net.
塗装のための参考写真は出来れば用意しましょう。
この写真の中にはいろいろな情報がいっぱい詰まっています。

AIM03_0062
まずデルタセラムコートのNo.02542を薄く溶いて全体に塗ります。
塗るというよりも全体に流す感じです。 表面に砂の細かい凹凸があるため ニジミが出るので思う以上にうまくいきます。 ここで一旦乾かします。

AIM04_0067
デルタセラムコートのNo.02488, 02025を使ってニュアンスを付けます。

AIM05_0068
砂の表面にニジんだ絵の具はティッシュを丸めて押しつけ、吸い取ることによって濃淡を付けると良いです。

AIM06_0073
凹んだ部分にデルタセラムコートのNo.02436を流し込んで陰を付けます。

AIM07_0080
表面にハイライトを入れて完成です。.