カテゴリー別アーカイブ: ペーパーストラクチャー詰所

詰所(3)木製羽目板

aim2a_5289
前回は羽目板の木質感を線図と塗装によって表現しようとしましたが、ここではその図面に天然木薄板シートを細く切って試しに 貼って見たいと思います。
木の種類、大きさ、いろいろありますが、今回はパーチホワイトのハガキサイズを使用しました。
このシートにはインクジェットプリンターで印刷OKということですので、いろいろ木質表現の可能性は広がると思います。
写真の(A)は購入状態の木肌、(B)は水性アクリル絵の具を薄めて塗装した状態です。
上の写真のものは現在販売店が 見当たりません。私は使ったことがありませんが参考のためこのページをあげておきます。(2014. 4. 14)

aim3_5291
これは(B)の拡大写真になります。

aim1_5273
細切りの幅は3mmにして1mmを重ねながら貼っていきました。
接着剤は木工ボンドを使いましたが、両面テープでも良いです。

aim4_5285
仕上がりは、こんな感じになりました。

詰所(2)窓枠

aim1_5993
中にLEDをいれ窓からもれる灯りを楽しむことは、ジオラマストラクチャーの定番となりつつあります。
市販されているキットなどでは、窓枠はパーツとしてセットされている場合がほとんどで問題はないのですが、自作の場合は別に購入しなければなりません。
ここでは、購入品のような精密さはないものの、なんとか代用できそうな窓枠を作って見たいと思います。

aim2_5234
まず図面の上にトレーシングペーパーを乗せ、窓の外枠と棧を写し取ります。

aim3_5227
筆記用具はマジックインキ・マーカー・サインペンなどを使用します。

aim4_5261
このトレーシングペーパーを原稿にして、OHPフィルムにコピーします。
私はレーザープリンターでコピーしましたが、OHPフィルムとコピー機の組み合わせは いろいろあるようですので、フィルムの説明書にしたがって試してみてください。
この写真は、コピーした面をタミヤウエザリングマスター(A)セットを使って ウエザリングしているところです。

aim5_5244
厚紙(白ボール紙)などにコピーした紙を貼ります。 ノリはヤマト糊を水で薄めて使いました。
薄め方は糊1に対して水2~3位です。 このとき厚紙の方も濡れタオルなどで拭いて裏表共湿らせておきます。
ノリが乾燥しましたら、板張りの部分を薄く塗装して乾かし、オレンジ枠をカッターナイフで切り抜いてください。
裏にコピーしたOHPシートを必要な大きさにきって、ボンド・ウルトラ多用途接着剤で貼りました。
窓穴オレンジ色の枠(a)と、窓縦棧(b)を両面テープの裏紙を剥がして貼ります。

aim6_5221
この細切りの厚紙は、切断前に裏側に両面テープを貼っておきます。

aim7_5222
塗装も先に済ませておきます。

aim8_5298
細切り厚紙は貼り終わったあと全体の様子を見ながら、色の調整をします。

aim9a_5305
家の外壁、前後左右4枚が完成しました。 4スミを角材で補強して木工ボンドなどで組み立ててゆきます。
そのうちの一枚に木の紙の細切りを貼って羽目板(A)を試作して見ました。

詰所(1)完成写真・原稿

am1_5982
紙でモデルを作る代表的なものが、 厚紙に印刷をして表面の質感を出し、各パーツの輪郭に のり代をつけて、組み立てるものだと思います。
そのため紙を山折、谷折などに折り曲げる必要があり、紙の厚さもハガキ位の厚みのものです。
ここでは紙厚をもう少し厚くして、窓、窓枠などの凹凸感を付け、角部の接着には内側に角材を入れて補強し、内部の電気(LED)照明にも対応できる、紙製ストラクチュアーを作ります。
その構成は、作りたい建物の図面を書き、必要な場所に羽目板などの質感を貼り込んでコピーし、これを厚紙に貼り、塗装して組み立ます。

この作り方の利点
1・・・原稿をコピーするので、拡大縮小により完成品の大きさを
自由に変えることが出来ます。
2・・・外観の色はご自分で決められます。
3・・・最初の大きさより、短くしたりすることが 簡単に出来ます。

欠点としては・・・羽目板、窓、戸、屋根などに凹凸感がないこと、塗装は質感パターンが隠れない程度に、ごく薄くしか塗れないことなどです。

今回の塗装はセラムコート(水性アクリル絵の具) を使用しています。
ただし、このページ最後でご説明しますが、プリンターのインクによっては使用不可の場合があります。

am2_5953
この写真は右側面です。 写真左側に紙製雨樋が付いていますが、右側は付いていない状態です。

am3_5962
屋根をトタン板パターンに乗せ変えて撮影しました。
左側面の羽目板は実際の木を薄くスライスして作った「樹の紙」というものを細く切断し、塗装して貼り重ねていますが、右側はコピーパターンです。

am4_5336

各パターンの例です。
A・・トタン屋根、  B・・瓦屋根、   CDEF・・サイディングパターン
それぞれA5位の大きさの物を使用場所にあわせてカットして図面にテープで貼り原稿をつくります。

am5_5316
窓や引き戸はトレーシングペーパーに墨で手書きしました(大昔しのことです^^)
これもコピーして必要な場所に貼りますが、この時は内部照明を考えていませんでしたので、黒ガラスにしています 。

am6_5313
それぞれの壁面の中に、各パターンを貼り込んで原稿をつくります。
原稿は少し大きめに作り、コピーするときに縮小すると、細密感が出ます。

am7_5225
これが普通のコピー用紙にコピーされた状態の写真で、全体が少しグレーに見えますが、実際は真っ白ですので白壁はそのまま使えます。
壁面の羽目板や窓も写真などを加工して作ることは出来ますが、そこをあえてフリーハンドの手書きにしたり、ご自分で色を塗ったりするのも良いものだと思います。
コピーまたはプリンター出力のインク(トナー)がそれぞれ機材により異なります。
そのため後で着色する塗料の溶剤によっては線図が溶けて滲んでしまうことがありますので、あらかじめテストしてみてください。