架線(8) ベース

aim1_3287
架線柱付き展示台のベースを作ります。 各部分の寸法は上の写真のようになりました。
長さは400mmに両側2.5mm厚ベニヤ板で蓋をしますので、全長約405mmです。

aim2a_3294
13mm厚さの板は ファルカタ集成材というもので、ジオラマベース作りにはとても良い材料です。
厚さの割には軽いので、仕上がり重量を気にせず使えます。 ノコギリの通りが良く切断が楽です。
私は注文したことはありませんが こちらを見つけました。 カットまでしてくれるそうです。

aim3_3297
道床の両側、犬走り部分に木工ボンドを塗り、細目の砂を撒いて乾燥させます。

aim4_3301
乾いた犬走りの砂に粘土粉を筆で乗せて・・・

aim5_3302
ユビサックを裏返して滑らかな面を表にして指にはめ、粘土粉を砂に良く擦り込みます。

aim6_3307
上から木工ボンド水溶液をかけ・・・

aim7_3310
この状態で乾くのを待ちます。

aim8_3314
犬走りにマスキングテープを貼り、道床部分に コゲ茶色の下地を塗装しておきます。

架線(7) コイルバネ

bim1_3108
架線と架線のつなぎ目に入れるコイルバネを巻くため、小型の万力に水平にセットしたハンドドリルに、頭を落したスクリュービスをくわえます。

bim12_3144
このスクリュービスは、ネジ部外径2.2mm 長さ32mm ネジピッチは1mmです。

bim3_3112
0.3mm径燐青銅線の先端を15mmほど曲げ、スクリュービスの後ろ側よりドリルチャックの爪の間に差込み、ドリルチャックを静かに回転させて(左回転)ネジ溝に燐青銅線を巻き付けて行きます。

bim4_3115
指先保護のためユビサックをはめています。
これはゴム製ですので、燐青銅線に対してある程度の摩擦があり、線を引っ張りながら巻くことが出来ますので スクリュービスにしっかりと密着します。
巻き終えましたら 静かに1回転ほど巻き戻し 自然な状態にして、弾けるのを防ぎます。

bim5_3124
次にスクリュービスをチャックから外し、ビスを左回転させながら、巻いたコイルバネより抜き取ります。

bim16_3152
両端をニッパーで切り落とし、端材は危険物として廃棄します。

私はある程度大きなものはカッターナイフの折り取った刃を入れておく、危険物入れ の容器に一緒に入れ、小さなものはガムテープを2枚合わせにして間に挟んで廃棄しています。

最後の 手のひらに残る線材は少なくとも5cm以上は残るようにしましょう。 巻いている途中で手から離れてしまった場合ハジける事があり、危険です。

線材の材質ですが、ここで使うスプリングは特に強い力が必要な訳ではありませんので、ばね用ステンレス線は使わない方が良いです。

線が硬いので切断部分でけがをするおそれがあり、また ニッパーなどを痛めます。

もう一つの理由は、このスプリングは架線を構成する部品の一つですので、電気が流れるイメージがありますが、塗装や黒染めが剥げたとき 銅色の方が雰囲気があって良いと思います。(笑

また目を保護するためにも防護眼鏡はかけた方が良いです。

bim17_3158
コイル巻き線の間を割ってニッパーで切断した場合、(a)のように かなり鋭い切り口になりますので、(b)のように線に直角に切り直しておきましょう。

架線(6) 架線柱の組み立て

aim1_2958
治具にセットして上下のステーをハンダ付けします。

aim2_2962
ブラケットとステーを治具に嵌めて組み立て、ハンダ付けしますと・・・

aim3_2963
上の写真のようになります。

aim4_2966
径4mmの竹製丸棒の所定の位置に、ステーを差込む穴を明け・・・

aim5_2967
柱にブラケットとステーを取り付け各部を瞬間接着剤で接着して・・・

aim6_2975
缶スプレー塗料で塗装しておきます。
今回は柱とブラケットなどの色分けはしませんでした。