カテゴリー別アーカイブ: ジオラマ400(1)架線

架線(20) ベースと背景を付けて完成

aim1a_5084
ディスプレー本体とアクリルカバーを乗せるベース板をつくります。
まず上から 被せるアクリル板の実寸を測定し、それより+2mm位大きめの板を切り出します。 この場合は418x140mmになりました。
厚さは13mmを使用し周囲を幅10mm位で黒色に塗装しておきます。 材質はファルカタ材を使いましたが、 ラワン合板でも良いと思います。
外周に5x20mmの平角チーク材を接着しました。

aim2_5090
接着剤乾燥後ペーパーをかけ 水性ニス(オールナット)で塗装します。

aim3_5109
足パッドなどを付けるときは、ジオラマ本体を取り付けた後では 大変ですので先に付けておきます。
ここでは こるくくらぶ の コルクペットNO.6 (径20mmxt2)を使用しました。

aim4_5124
Photo by (c)Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net

背景は写真を白黒で出力し、ミューズボードにスプレーのり で貼って、必要な大きさに切り出し、アクリルカバーの内側に両面テープで貼りました。
aim11a_5144
車両も   地面・背景のなかに入れてあげると、模型としての味が出てくるように思います。
特にこの電気機関車は、架線走行テスト用に製作したもので、スケールモデルではありませんが、どこかに実機が走っているように私には思えるのです。

aim12a_5139
これで架線のジオラマステージは完成です。 長い間お読みいただきありがとうございました。

広告

架線(19) 架線柱と架線の取付け

aim1_4298
左右側面アクリル板の穴を黒の塗料で塗っておきます。
上の穴(A)は下の写真のように、黒染め平ワッシャを挟んで、ベースから浮かせて止め、下の穴(B)はそのまま木ネジで止めます。

こうすることで(B)の木ネジの締め加減で、側面アクリル板の傾きを調整します。
上のトロリー線の穴に糸を渡し、片側に輪ゴムを着けておき、架線柱を立てる時の目安にします。

aim2_4946

aim3_4285
張った糸を目安にして、架線柱のフックを合せて取付けますが、接着剤が乾くまで爪楊枝(C)を楔に使って固定しておきましょう。

aim4_5055
柱が固定されましたら、中央の架線両側にコイルバネを取付けリングに吊り下げます。

aim5_5012
左側の架線を取付け、アクリル板の外側を抜け止のクリップで止めます。

aim6_5017
片側ずつトロリー線を曲げてセットしますが、コイルバネの圧縮目安は、長さ10mmを6mm位まで圧縮する位が良いと思います。
(c)部分は最初から90度に折り曲げず、45度曲げぐらいで調整してOKでしたら、直角に曲げて短く切断しておきます。
(b) 部分はアクリルに面一 に、ニッパーで切断しておきましょう。

aim7_5075
架線取付け作業中ステーが柱から抜けてしまいましたので、帯板(D)を柱に巻いてハンダ付けしました。
柱を真鍮パイプにして、全てハンダ付けで組み立てた方が良いかもしれません。

aim12_5128
こんな感じに架線が取付けられましたので早速機関車を置いて見ました。
あとはアクリルカバーを乗せる化粧ベースと背景を付けて完成です。

架線(18) もう一つの架線

aim1_5051
架線(3)架線本体 の記事での製作方法は、下の写真のように燐青銅線 径0.5mm を直角に付き合わせてハンダ付けする方法を取りましたが、ハンダの量が少ないと外れやすいことがあります。
そこでもう一つ別な方法で作って見ますが、ハンダ付けした架線は、上の写真のような寸法で、両側にU字型のフックを付けておきます。

im03_2564
前回の方法

aim4a_5037
今回の方法は線を潰して平らな部分を作り、ハンダを盛り上げなくても強度が保てるというものです。
前回はピンと消しゴムで線を押さえましたが、今回は線が回転してしまうとまずいので、テープを貼ってみました。

aim2_5040
線を潰す方法は、金敷の上にリン青銅線を置き不要になったドリルの刃の部分をテープで巻いたものでおさえ、ドリルの上からハンマーで叩きます。
ドリル径は4mmを使用しました。

aim3a_2498
こんな感じに潰れますので、中央をニッパーで切断して両側をそれぞれ使用します。