山道のダンプトラック(10) アクリル カバー

AIM01a_1668

完成したジオラマステージに追加してアクリルカバーを取り付けてみたいと思います。
底部外周 縁回しの塗装をサンドペーパーで剥がし、 もう一枚2.5mm厚のベニヤ板を貼ります。

aim01a_1745
その外側に30mm×5mmの平角アガチス材を化粧枠として貼り、ニスを塗って仕上げます。 内側2枚重ねのベニヤ板は、高さが25mmなので、化粧枠の内側に約5×5mmの溝ができることになります。

AIM02_1751
次に背景パネルを作りますが、今回は背面と前面に黒の紙貼りベニヤ板を使いました。 間のスペーサーは使用するアクリル板の厚み+1mm位のベニヤ板を使います。
この場合はアクリル板が2mm厚でしたので、3mm厚のベニヤ板を使用しました。

AIM04_1753
マークに合わせて木工ボンドでスペーサー(中板)を貼り、上に重しを載せて乾燥させます。
三枚同時に貼り合わせても良いのですが、ズレることもありますので、ここは片側を先に乾燥させ2回に分けて貼りました。

AIM05_1754
こんな感じに貼って、ベニヤ板のバリなどをサンドペーパーで仕上げ黒色で塗装しておきます。 両側の溝に アクリル板をはめ込みます。

AIM07_1760
背景画は  WALTHERS社製(米国) 鉄道模型用イラストを使用しました。 上の写真 中央部の左側の部分です。 (カタログ写真を複写)
ほかにカレンダーの写真や プリントアウトした写真、またはご自分で描かれたイラストなども使えますが、ジオラマ背面の岩山と 背景パネルの空の面積とのバランスを見ながら 背景を決めてゆきます。

AIM06_1761
今回はまわりに10mm位の幅で黒枠を残したかったので、マスキングテープを貼りました。 この後全面にスプレー糊を吹き付け、位置決めした背景画を貼り・・・

AIM08_1764
カッターナイフでマスキングテープの内側を切断します。

AIM09_1766
マスキングテープを剥がして・・・

AIM10_1767
背景パネルの出来上がりです。

IMG_40413a
これを背面に立てて感じを見ます。

AIM12_1737

次にアクリル板を加工します。 外形寸法は化粧枠の溝に合わせ、高さは背景パネルに合わせます。
A部分は背景パネル左右の溝にはめ込みますが、この曲げ幅が少ないと側面がそってしまいますので注意が必要です。 今回は高さ300mmに対して35mm幅にしました。
Bの線はマジックペンによる折り曲げガイド線です。 折り曲げ時の熱が冷めた後 シンナーをしみこませたティッシュペーパーで拭き取ります。 折り曲げ熱による透明アクリル板の表面への影響はありませんでした。
(アクリル板の説明書ではシンナーや油性ペンを使うことは絶対不可となっていますのでよろしくお願いいたします)

AIM13_1795

上面は3mm厚透明アクリル板の4隅に径2mmの銅リベットを差込み、2~3mm突き出させてずれ止めにします。

IMG_40413b

これでアクリルカバーの完成です。

広告

山道のダンプトラック(9) 完成

IMG_40412x
情景部分 が完成しましたので ミニチュアモデルを置いてみます。 これでようやくジオラマらしくなってきました。

IMG_40412e
ここにのせるモデルは やはり箱から出したばかりの新車よりも、少しウェザリングを施してあげた方が似合うような気がします。
ウェザリングはエナメル塗料のジャーマングレイ色 パステル粉 粘土粉などを使っています。

IMG_40412d
車を情景モデルの中に置く場合 タイヤと地面の接点が その雰囲気に かなり影響してきますので、最初から岩の配置とタイヤとの位置関係を考えておかれると良いと思います。

たとえば上の写真の場合 前輪のタイヤと草のカブリ具合、前輪と後輪の間の岩、後輪のタイヤにかかる小岩などです。
もちろん見る位置が変われば 条件も変わってきますが、できるだけたくさんの方向から カッコ良く見られるように、いろいろ考えることも楽しいです。

これで 「山道のダンプトラック」 は 完成です。

参考写真
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=548011628600370&set=a.390822657652602.89453.390813520986849&type=1&theater

山道のダンプトラック(8) 草や木を植える

AIM01_1638
麻ロープの繊維で作った草や ウッドランドシーニック製の樹木キットを使って、草や木を植えます。

AIM02_1646
まず植える場所に穴を明けます。 この穴は失敗してもかまいませんので、配置を確認する程度の気楽な気持ちで とりあえず明けてみます。 後で不要な穴を埋める場合は木工ボンドを詰めて、表面に カラーオガ屑 カラーサンド カラースポンジ粒 などを撒いて塞ぎます。

AIM03_1647
植える位置が決まりましたら 木工ボンドノズルの先端にセロテープを巻き付けて先を細くし、奥の発泡スチロール部分にも十分木工ボンドを塗ります。

AIM04_1649
草や木を植える位置はここにという決められた場所はないので難しいです。 少しでもおかしいなと思われた時は、迷わず抜いて移動して見ましょう。

AIM05_1668
こんな感じで植えて見ました。
ベースは少し低いかなと思いましたので10mm角材で かさ上げして 周囲にベニヤ板を貼り、黒の水性塗料で塗装しています。