カテゴリー別アーカイブ: ジオラマ200(1)岩陰のカブース

岩陰のカブース(10) 完成

IMG_40414a
車両と人形を配置して 完成です。

IMG_40414e
展示する車両や人形を変えると また違った雰囲気になりますし・・・

 aimg_0549asd
地面のディテールなども手を入れるたびに 細密になっていくなど
いろいろ楽しめます。

広告

岩陰のカブース(9) 草や木を植える

AIM341275
ここまで来ますと 木工ボンド水溶液をかける作業も終わりましたので、側面を軽くペーパー掛けして塗装します。

AIM351280
側面を塗る前に 縁の明るい部分(A部)を パウダーの色に合わせた塗料で塗っておきます。

AIM361297
側面塗装は少し黒すぎたかなと思いますが、このようになりました。

AIM371301
次に草と木を植えます。 草の上6本は麻ロープの繊維を染めたもので、下3本はウッドランドシーニック社製の フィールドグラス で作りました。

AIM381303
この木は以前に作った木の 下右側を切って上につけたし 背を高くしたものです。

AIM401308
こんな感じに植えました。 草の高さは配置したモデルとバランスを取りながら調整します。.

岩陰のカブース(8) 地面の表面(その2)

AIM211230
岩の部分にアクリル絵の具の明るいグレー色で、ドライブラシをかけます。

AIM221232
岩のまわりのカラーパウダーにかかってもかまいません。

AIM231237
次に下草の枯れ葉のような感じで茶色のパウダーを撒きます。

AIM241243
次にグリーンやイエローのパウダーを撒き木工ボンド水溶液をかけて 一旦乾かします。 2色、3色を重ねて撒く場合、 うまくいかないときは全部掃除機で吸い取らないと変更できませんので 、1色ずつ木工ボンド水溶液で固めながら  進めると良いです。

AIM251248
次に コースターフ (ウッドランドシーニック社製) を撒きます。

AIM261250
撒きすぎたところは筆先を押しつけて取り出して・・・

IMG_40414b
こんな感じにニュアンスをつけます。

AIM281259
ここで撒いたコースターフに 上から木工ボンド水溶液をかけて固め 乾燥させます。

AIM311263
次は少し盛り上がった草を表現します。 フォーリッジ (ウッドランドシーニック社製) を使いますが これは網目状の繊維にコースターフを接着したものです。
適当な大きさにハサミで切って・・・

AIM321267A
木工ボンド原液をチョンとつけて つける場所にのせます。

AIM331270
ここまでで こんな感じの仕上りです。.