車輌展示用線路の製作(1)

040506c
これからNゲージ車輌を飾る 線路を作ってみたいと思います。
この写真は大分前に製作したものなので、今回のものとは少し違うかもしれませんが雰囲気はこのような感じのものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上の作例写真はフレキシブル線路を使いましたが、今回は作りやすくするためKATOのユニトラックを使用しました。
長さは自由にお選びいただけますが両端のジョイナー部分は切断するかそのまま使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ベースの板は幅60mm、厚さ13mm、長さは切断したレールに合わせます。
今回バラストはグレーにしたいと思いますのでレールのみ塗装するため写真のようにマスキングしておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マスキングしたレールをダンボール板に乗せて、レールに対して45°位の角度をつけて錆色を吹き付けてください。(筆塗りでも可です)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
吹き付けた塗料がある程度乾きましたら、レール踏み面の塗料を溶かして拭き取って下さい。
木片にキッチンペーパーを二、三回巻き付けラッカーシンナーを筆に着けて塗りレール面をこすります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
拭き取った塗料はこんな感じでペーパーに拭き取られます。同じ角度、同じ位置にしないで少しずつ移動させて拭き取ると良いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
錆色塗料が乾きましたらベース板にレールを貼り付けます。
接着剤は「ボンド木工用多用途 」を使用しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
位置を決めてマスキングテープで固定します。
はみ出た接着剤はティッシュペーパーなどで拭き取ってください。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中