レンガの建物と石畳(1)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アメリカ製建物キットの、レンガ造りの壁面をアレンジして縮尺1/87のジオラマを作ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このキットは石膏製ですので、塗装はプラモデルなどとは異なりますが、仕上げにウエザリングを施す場合はある意味楽です。
薄めの塗料を少しづつ重ねる感じで塗ってゆくと、ウエザリングまで完成してしまう感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
石畳の原型は石膏を手彫りで製作しました。
上の写真はそのシリコン型と、石膏成型品です。

広告

情景模型と縮尺

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

sch288_a
シュライヒのBaby eagles in nest(巣の中の小鳥 )と言うフィギュアを使って情景を製作しましましたので、その全体の縮尺関係について考えてみたいと思います。
親鳥と思われる白頭鷲の羽を広げた長さは約14cmなので、仮に12分の1を当てはめてみますと
14×12=168cmとなります。大体良い線を行っていると思います。
上の巣の外形は約6cmありますから実物は6×12=72cm位でしょうか。
そうしますとこの巣の乗っている岩は?何かおかしいですね。 そうです縮尺を合わせてみるとこの岩は幅50cm 高さ120cmにしかなりません。
逆に考えると小さな自然のモデルに巨大な巣を置いて仔鷲の可愛さをを強調することになります。
人の目は少しの違和感は自動的に修正して見ることが出来るようなので、これを利用して遠近感とか高低差の表現に利用すると良いですね。
ただし縮尺の違う家と自動車を並べて置いた時の違和感は自動修正できないと思いますが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA