「ジャズバー」の梱包と発送

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先週「ジャズバー」の梱包が終わり、お客様に向けてヤマト運輸さんから発送しました。
今回はベース(A)、建屋(B)、アンプ室(C)の3個に分けて梱包です。
この写真の左右の長さは130cm位です。

いつもはこの大きさのダンボール箱がなかなか見つからず苦労しますが、今回は何とか長いものがあったので継ぎはぎをしないで済みます。
後は奥行きや幅の折り曲げですね。このダンボール板は波板が2重に貼り合わせてある
タイプなので 強い分 折り曲げは大変でした。

パッキング材は発泡スチロールとエアキャップを使って詰めてゆきます。
集荷に来てくれた運転手さんは何時もの方ではなかったので、下積み禁止とか取り扱い注意などのシールを貼ってくださいとお願いして送り出しました。
先日お客様より「問題なく組み立てができました」とのメールをいただき ホットしているところです。

 

広告

ジオラマの中に模型を飾ろう

ジオラマ・情景模型の製作  

プロフィールの自己紹介文に ”[ジオラマの中に模型を飾ろう]と言う趣旨のもと、ジオラマを製作しています。” と書かせていただきましたが、ジオラマの中に模型を飾る、というその一例をご覧下さい。

img456a
写真のミニチュアモデルは、LOTUS SUPER7 縮尺1/24(タミヤ製)のプラモデルキットを組み立てたもので、塗装赤は缶スプレー、その他は筆塗りで簡単にまとめました。
仕上げにウエザリングとしてエナメル塗料の ジャーマングレイを薄く溶いて塗り、乾いてから拭き取っています。

BIMG_1479_02
ジオラマステージとして落葉樹1本と落ち葉と地面のベースと枯れ草などを配置しました。
ベースは発泡スチロール板を電熱カッターで切断したもの。
また落葉樹はビニールコードの被服を剥いて中の銅線を取り出し、ねじり合わせて作りました。
幹の太さは9mm,木の高さは210mmです。
幹の表面には木工ボンドを塗り砂をかけて固めています。
落ち葉は実物の落ち葉をカッターナイフで細かく切断し、木工ボンドで接着しました。

BIMG_1474_03
このミニチュアモデルと落葉樹のジオラマステージを組み合わせると、上の写真のようになります。
お互いに影響しあって良い雰囲気になっているのが、おわかりいただけるでしょうか?

BIMG_1473_04
ここに車と同じ縮尺の人形を配置すると、また一段深い意味を見る人に伝えることが出来ます。

BIMG_1476_05
車の代わりにバイク(ハーレーダビッドソン)縮尺1/18をおいて見ました。.
….

元の投稿を表示