「アメリカン・ジャズバー(32)」完成

20150512a
上の写真が完成写真です。部屋の照明を少し暗くして、ジャズバーの照明を点けて撮影しました。

20150512b
組み立てはベースパネルに右側のアンプ室を木ねじ止めして固定し、各プレーヤーをパネルのマーク位置に並べます。
中央の溝(A)の中にコードを収納しながら整理して、コネクターをアンプに差し込み、
接続を確認しOKでしたら建屋を上から静かにブロック(B)にかぶせます。

20150512c
リトルジャマーのボーカリストを配置しない場合は、小さな植木などを置いても良いと思います。
この建屋の縮尺は約12分の1ですので、ドールハウスの小物がうまく合います。
いろいろ置いてみるのも楽しいと思います。

20150512d
建屋の天井に取り付けた照明はリモコンで色を変えたり、フエードしたりフラッシュしたり出来ますので、演奏する曲に合わせて演出できます。

20150512e
部屋の照明を全部消してジャズバーの照明だけにして見ました。
こんな感じになります。

20150512f
バー入口付近の照明はこんな感じになります。

20150512g
建屋右側の窓の奥にバーがあります。
これに使用したお酒のボトル、スタンド、レジスターなどはドールハウスのパーツです。
椅子は市販品にちょうど良いものが無かったので自作しました。
コーヒーメーカーは小物グッズのお店で見つけました。

20150512h
20150512i
この二枚はピアノとベース二人の、ジオラマの中に置いた時の写真です。
手前に窓があったり、後ろに壁があったり、ポスターがあったりすることによって、ジャズメンの雰囲気もより生き生きとして来ると思います。
これでアメリカンジャズバーは完成です。
最後までお読みいただきありがとうございました。 (完)

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中