「アメリカン・ジャズバー(20)」 建屋・壁床面塗装

IMG_3103_1
壁面や床板を塗装して、その上に擦れや剥げ等のニュアンスを付けて行きます。
下塗りはニュートラルグレーの水性塗料のハケ塗りです。

IMG_3103_2
下塗りが乾きましたら、白の水性塗料を筆先に付けて何度も往復させ、擦れが出るように塗りつけます。

IMG_3103_3
前面の手摺は、下塗り後白を塗って、その上を使い古しのスポンジを使ってグレー色をスタンプしてゆきます。
やりすぎた時は上から白をスタンプして、適当な剥げ具合を演出しましょう。

IMG_3103_4
側面の内側は写真のように塗り分けました。
床下は黒、両サイドのマスキング部分は組み立て時接着する部分です。

IMG_3103_5
奥の壁は水性ニス塗り、床下の黒部分との間のマスキングしたところは床板が乗るところなので塗装しませんでした。

IMG_3103_6
床板は全面ニス塗り後、前のテラス部分のみ白の擦れ塗装をしています。

広告

「アメリカン・ジャズバー(19)」 屋根上看板-2

IMG_3102_1
文字の原稿をA4サイズ100%で出力し、寸法をチェックして2mm厚のスチレンボードに貼ります。 このときのノリは、私は「貼って剥がせるのり」を使いましたが、切り抜いた後もそのまま塗装してしまうのであれば、しっかり貼りつけるノリを使っても良いと思います。

IMG_3102_2
切り抜いた文字は輪郭をペーパーで滑らかに仕上げ・・・

IMG_3102_3
交差したカッターナイフの跡をパテで埋めて置きます。
スケールをヘラに使うのは良くないと思うのですが、使いやすいのでつい、ですね~

IMG_3102_4
パテが乾いたら表面にペーパーをかけて塗装します。

IMG_3102_5
看板に貼るときは切り抜いたボードをガイドにすると良いと思いますが、文字を塗装したので少し膨らんでいます。
うまく嵌めこみが出来るように切り拡げて調整しておきましょう。

IMG_3102_6
仕上がりはこんな感じになりました。
両側の柱は組み立て時、現物合わせで接着します。