「アメリカン・ジャズバー(15)」 ベースパネル-2

IMG_2539_1
リトルジャマーの配置位置をマークし、配線溝を切り抜いた上面板(A)と底板(B)を幅60mm厚さ13mmのファルカタ集成材で繋いでベースパネルにします。

IMG_2539_2
まず上面板の周囲に外周を接着し、中に補強を入れます。
後ろのピアノとドラム部分はケーブルを前の配線溝にもってくるため補強にU溝の逃げを加工しておきます。

IMG_2539_3
補強の側面は、木工ボンドを付けて木ネジビス等で締めこんでおくと良いです。

IMG_2539_4
アンプ室は基板をネジ止めで取り付けますので4mmのパネル厚みを増すために裏当てをしました。

IMG_2539_5
内部を掃除機できれいにし底板を乗せてみます。
ここでは上面と同じ4mm厚を使いましたが2.5mmラワン合板でも良いでしょう。
全体に木工ボンドを絞り出しながら移動し乗せ終わりましたら一度底板をかぶせてみます。
こんな感じにボンドが行き渡りましたのでOKです。

IMG_2539_6
周囲は細釘で止め、中央部は上に重しをを乗せて浮き上がらないようにし乾燥させます。
外周にハミ出た木工ボンドは濡れぞうきんなどで拭き取っておきましょう。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中