「アメリカン・ジャズバー(16)」 ベースパネル-3

IMG_2540_1
パネル側面をサンドペーパーで仕上げ各稜線に1~2R位のRを付けておきます。
下地の準備が整いましたらここに裏面のり付きのカッティングシートを貼ります。
側面高さは60mm+板厚上下パネルで8mmなので合計68mmですね。
少しの折り返しは皺が寄りやすいのでここでは140mm幅に切って貼りましたが、上面側には折り返しを付けませんでした。

IMG_2540_2
コーナーは90度回して貼った後、ハサミで切り込を入れ角の三角部分を先に貼り両側をそれぞれ折り返してください。

IMG_2540_3
貼り終わりましたら仕上げにアイロンをかけます。
低い温度で(この場合1.5目盛位)、間にシートから剥がした裏紙を挟んで押し付けて下さい。
間に裏紙がありませんと万一温度が高すぎてシートが解けた場合アイロンに付いてしまいますし、溶けない場合でもスベリが悪いです。
シートを熱で柔らかくして圧着するので木肌に含まれた空気が膨張して水泡のようなものが出来ますが熱が冷めると収縮してぴったり貼りつきます。

IMG_2540_4
シート貼りの最後にスベリ止めとして、粘着ベロアシートの茶色をやはりアイロンで圧着しておきます。
IMG_2540_5
上面の化粧縁は木目模様が印刷された15x15mmのプラアングルを木ネジと両面テープを使って取り付けます。

IMG_2540_6
ベースパネルはこれで出来上がりです。

広告

「アメリカン・ジャズバー(15)」 ベースパネル-2

IMG_2539_1
リトルジャマーの配置位置をマークし、配線溝を切り抜いた上面板(A)と底板(B)を幅60mm厚さ13mmのファルカタ集成材で繋いでベースパネルにします。

IMG_2539_2
まず上面板の周囲に外周を接着し、中に補強を入れます。
後ろのピアノとドラム部分はケーブルを前の配線溝にもってくるため補強にU溝の逃げを加工しておきます。

IMG_2539_3
補強の側面は、木工ボンドを付けて木ネジビス等で締めこんでおくと良いです。

IMG_2539_4
アンプ室は基板をネジ止めで取り付けますので4mmのパネル厚みを増すために裏当てをしました。

IMG_2539_5
内部を掃除機できれいにし底板を乗せてみます。
ここでは上面と同じ4mm厚を使いましたが2.5mmラワン合板でも良いでしょう。
全体に木工ボンドを絞り出しながら移動し乗せ終わりましたら一度底板をかぶせてみます。
こんな感じにボンドが行き渡りましたのでOKです。

IMG_2539_6
周囲は細釘で止め、中央部は上に重しをを乗せて浮き上がらないようにし乾燥させます。
外周にハミ出た木工ボンドは濡れぞうきんなどで拭き取っておきましょう。