「アメリカン・ジャズバー(12)」 窓枠の切り抜き-2

IMG_2346-1
プリントした紙を貼った厚紙のなかの 窓枠の輪郭を切り抜き・・・

IMG_2346-2
裏返して両面接着テープを貼ります。
良く密着させるために空き瓶や写真のようにプラケースなどを使って擦ります。
写真では幅40mmのテープを使いました。 幅15mmのテープでは、両サイドとセンターの3本貼
れば良いと思います。

IMG_2346-3
使う定規の裏側にはスベリ止めを貼っておきましょう。
写真では「粘着ベロア」というカッティングシートを貼りました。

IMG_2346-4
カッティング用のベースに窓枠に使用した厚紙を両面テープで貼ります。
この厚紙(A)が窓枠のストッパーになりますので、定規を押さえる力が少なくて済みより正確な位置決めができます。

IMG_2346-5
カッターナイフで引き切りする時、コーナー部分を裏返してみると必ずと言っていいほど
(A)のように切れないところができますので、表で逆方向から引き切りするか、(A)部に刃を当てて垂直に押し切りして切り離してください。

IMG_2346-6
窓が全部抜けましたら、表面のガイドにした図面を剥がします。

IMG_2346-7
色を塗る前に下地処理としてプライマーを吹きますが、正面から吹きつけると厚み部分に塗装されませんので、45度位の斜め方向から全体的に吹きます。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中