「アメリカン・ジャズバー(4)」 テラスの手摺-3

1410105
最初に治具板を白ボール紙などの厚紙で作ります。
両サイドの(a)部分が10×10mmの柱の位置、中央上下部分が支柱4本をとめる位置、その4ケ所に両面テープを貼ります。
(c)の切り欠きは柱に接着剤を付けた時、ハミ出て治具板まで貼りつけないようにするための逃げです。
(b)の線は柱の下端をそろえるガイドラインで、仮止めしています。

1410106
手摺の柱は片側4本、計8本使用します。
目の細かなノコギリなどで切ってもよいですが、私はチョッパーカッターで切断しました。

1410107
治具板の両面テープに4本接着しましたら、下端ガイドラインの紙は仮止めをはずし・・・

1410108
裏替えして木工ボンドを塗ります。
ボンド容器のノズルは、この部分に使うには少し太めなので、先端にセロテープを巻いて細くすると使いやすいです。

1410109
治具の両端を柱に軽く押しつけ、支柱の下部を接着します。
そのあと下から順番に桟などを貼りつけ乾くのを待ちます。
幅2~3mmの所に接着剤を塗るので、はみ出さないように少なめに塗る傾向がありますが、後で拭き取ればよい位の感じで、多めに付けたほうがいいです。
ニス仕上げですとそうは行きませんが、この場合は上から塗装しますので問題はないと思います。

1410109a
接着剤が乾いたら、治具にした厚紙を静かに剥がして・・・

1410109d
これでテラスの手摺は完成です。塗装は後で他のパーツと一緒に作業します。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中