詰所(3)木製羽目板

aim2a_5289
前回は羽目板の木質感を線図と塗装によって表現しようとしましたが、ここではその図面に天然木薄板シートを細く切って試しに 貼って見たいと思います。
木の種類、大きさ、いろいろありますが、今回はパーチホワイトのハガキサイズを使用しました。
このシートにはインクジェットプリンターで印刷OKということですので、いろいろ木質表現の可能性は広がると思います。
写真の(A)は購入状態の木肌、(B)は水性アクリル絵の具を薄めて塗装した状態です。
上の写真のものは現在販売店が 見当たりません。私は使ったことがありませんが参考のためこのページをあげておきます。(2014. 4. 14)

aim3_5291
これは(B)の拡大写真になります。

aim1_5273
細切りの幅は3mmにして1mmを重ねながら貼っていきました。
接着剤は木工ボンドを使いましたが、両面テープでも良いです。

aim4_5285
仕上がりは、こんな感じになりました。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中