Nアーノルドカプラー解放器(その2)

121204a
従来の、カプラーを解放するための突起を切断します。

121204b
カプラーに0.5~0.6mm径の穴をあけます。

121204c
明けた穴に0.5mm径の黄銅線を、瞬間接着剤を付けて差し込み、

121204d
写真のような形に成形曲げを行います。
左駆動側はKATOのチビ凸用動力ユニット(11-103)、右従動側はマイクロエースの2軸貨車を使用しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中