Nアーノルドカプラー解放器(その1)

今回はアーノルドカプラー解放器です。
このブログで現在途中までになっている架線集電の HOnのペーパー車両は、動力車や台車に
Nゲージ用を流用しますので、これに使用しますが、もちろんNゲージにも使うことが出来ます。

概略の動作をご説明しますので、次の図面をご参照ください。
改造追加点は、各カプラーに取り付けた黄色のアーム(e)解放プレート(c)です。

1206
連結された車両が右から左に移動しています。
解放プレート(c)は通常線路と面一かそれ以下にセットされていますが、解放したいカプラーが近付きましたら解放プレート(c)を線路より1mmぐらい上にあげます。
今回は手動で上げ下げします。

解放プレート(c)アーム(e)が乗り上げると、その摩擦でカプラーに回転力(b)が発生し、解放されます。
次回は実際に改造をしてみたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中