模型用ベースパネル(2)~その1

aim1_1031
模型用ベースパネル(1)の底板の穴は、小さな穴が蜂の巣状に配置されていますが、ここでは少し簡略化して、小判型の穴3ヶ所で、実際のパネルを作って見たいと思います。
上図の寸法は参考寸法ですので、外形に応じて適当に変更してください。

aim2_5592
まづR110mmの中心を底板にマークし、ここに円カッターのセンターピン経をドリルで明けます。
この穴にピンを突き刺して円周をカットするわけですが、ピンが裏側に突き抜けていますので、ピン先で作業台を刺さないようにダンボール板などを重ねて裏側に敷いておきます。
カッターの刃も裏に突き抜けますので、ダンボールと共に切断して刃を保護します。
小判穴の上下を半円ずつ切りましたら、左右の直線部分は金尺を当ててカッターナイフで切断してください。

aim3_5643
切り口にはバリが出来ます。 パネルの裏側作業の時にこのバリで手にトゲなど刺さないようにペーパーで仕上げておきます。
サンドペーパーを折り重ねて少し丸みを付け・・・

aim4_5644
円周と直線の穴内周を仕上げます。

aim5_5646
こんな感じに穴を明けました。 次はこの裏側に発泡スチロールブロックを接着して行きます。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中