大きな樹木を作る

ail1a_3250
完成写真を先に載せますが、この樹の高さは約22cm ですので縮尺87分の1とすると、
実物は 約19mの高さになります。 aim1a_4402
近くのスポーツ公園駐車場の大きな木を参考写真として追加しました。 2011. 05. 04

aim1b_4408
これは木の根の部分の参考写真です。

aim2a_3172
このプラ製の幹は、樹木製作キットに入っていたものです。
完成写真の左側のものは(A)のみ、右側のものは(A)と(B)を組み合わせたもので、(a)のクサビ状の部分に(b)のV溝をはめて接着します。
接着には エポキシ接着剤を使用しました。
(C)はこの樹木のベースとなる部分で、地面に露出した太い根を表現しています。

aim3_3197
接合部分の段差や凹みをパテで埋めます。
このパテは壁面補修材の ビスパテ を使用しました。 ペーパーもかけやすいし、プラスチック表面への接着性も良いです。

aim4_3204
パテが乾燥しましたら、 木の肌色セラムコートを塗り、細目の砂をかけて塗料と一緒に固めてしまいます。
小枝部分は捩ったり曲げたりして形を整え、必要ならカットしておきます。
ファイン リーフ フォーリッジはすでに小枝が付いていますので、このプラ製の小枝は多すぎます。 今回は4割位カットしました。

aim5_3223
次に枝葉をつけますがここでは ファイン リーフ フォーリッジ F1133 オリーブグリーンを使用しました。
以前の記事 【樹木を作る】 では、プラ製の幹に枝葉を付ける場合、瞬間接着剤を使用していましたが 今回は上の写真右の Hob-e-Tac というウッドランドシーニック社の接着剤を使いました。
これは水性、白色なので木工ボンドに似ていますが、かなりベトベト感がありますので、小さなものでしたらその場で保持してくれます。
大きなものの場合は、少し広めに接着面積を取れば良いと思います。

aim6a_3244
上から下に向かって少しずつ枝葉を接着して、こんな感じになりました。

aim7_3254
接着剤が乾燥しましたら ハサミの先で切り分けたり、V字カットで塊部分をほぐしたりして形を整えます。

aim8_3255
最後に ホルベインの フィキサチフ を吹付けてフォーリッジを固め、完成です。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中