壁塗料で作る岩の複製

情景模型を製作するとき、岩や石垣、石積みの壁など複製出来たら良いなと思うものがあります。
その場合これらの原型を造り、シリコーンゴムで型を取って石膏などで成形することがありますが、この成型品は強度を得るためある程度の厚みが必要で、目方も重くなりまた切断することも大変でした。
今回の岩の複製は塗料を薄く固め、間にガーゼをはさんで強度を保ち、これをハサミやカッターナイフで切断して使用するというものです。

aim1_3854
使用した塗料は エスケー化研株式会社のベルアート という壁塗料を使いました。 これはひび割れを防ぐためか適度な弾力があり、また 壁模様の成型も行なうため、乾燥後の角のダレもなく大変使いやすい塗料です。
ただ小さな缶での販売がないようなので、ご紹介するには少し問題があると思いますが。
私は他の塗料を試していないのでわかりませんが、弾力性があって乾燥後にある程度のシャープさを保持出来るパテなどでも使えるのではないかと思います。
また木工ボンドと砂を1:1に混ぜたものを薄く塗り、乾いてからまた塗って2~3回繰り返せば使えます。 ただFRPのような硬さになりますので切断するのが大変です。

まずシリコン雌型の内側に石けん水を塗って乾かし、次にベルアートを原液のまま型内面に良く塗り込みます。

aim2a_4152
ウォルサー社の岩成形用ゴム型を使う場合は特に入念な離型処理が必要です。

aim2_3944
塗料の薄い部分はわりと早く(1日位)で乾くのですが、奥まで入り込んだ塗料が乾くには3日位かかります。
反り返してヒビ割れが起きるようでしたら乾きましたので、このまま上にまた塗料を塗り・・・

aim3_3951
全面に塗り終わりましたらガーゼを乗せ、先に塗った塗料と一体化するように硬めの筆でたたくように塗ってゆきます。

aim4_4056
これが乾くのを待って(3日位かかります)端から静かに剥がして下さい。 溝深く入っているところは乾ききっていないところもあります。

aim5_4070
必要に応じてハサミなどで切って使用します。
塗料の中に細かい砂が入っているため、ハサミが切れなくなることがありますのでご注意下さい。

aim6a_4062
aim9_4064
出来上がった成型品の表面が上の写真です。

aim7_4091
セラムコート(水性塗料)で塗装しました。 塗料の乗りは良いです。

aim14_4082
この写真は壁塗料が乾燥後、シリコーン型から取り出す前に発泡ウレタンを流し込んで発泡させ裏打ちしたものです。

aim8a_4106
これは別の成型品の塗装例です。 やはりセラムコートを使用しています。

以下の写真は ジオラマに組み込んだ使用例です。
先に岩の表面を塗装して必要な部分を切り出し、組み合わせて発泡スチロールのベースに接着します。 繋ぎ目を石粉粘土や砂で埋めて、乾燥後小石やカラーパウダーを撒いて仕上げました。
040425h

 

広告

大きな樹木を作る

ail1a_3250
完成写真を先に載せますが、この樹の高さは約22cm ですので縮尺87分の1とすると、
実物は 約19mの高さになります。 aim1a_4402
近くのスポーツ公園駐車場の大きな木を参考写真として追加しました。 2011. 05. 04

aim1b_4408
これは木の根の部分の参考写真です。

aim2a_3172
このプラ製の幹は、樹木製作キットに入っていたものです。
完成写真の左側のものは(A)のみ、右側のものは(A)と(B)を組み合わせたもので、(a)のクサビ状の部分に(b)のV溝をはめて接着します。
接着には エポキシ接着剤を使用しました。
(C)はこの樹木のベースとなる部分で、地面に露出した太い根を表現しています。

aim3_3197
接合部分の段差や凹みをパテで埋めます。
このパテは壁面補修材の ビスパテ を使用しました。 ペーパーもかけやすいし、プラスチック表面への接着性も良いです。

aim4_3204
パテが乾燥しましたら、 木の肌色セラムコートを塗り、細目の砂をかけて塗料と一緒に固めてしまいます。
小枝部分は捩ったり曲げたりして形を整え、必要ならカットしておきます。
ファイン リーフ フォーリッジはすでに小枝が付いていますので、このプラ製の小枝は多すぎます。 今回は4割位カットしました。

aim5_3223
次に枝葉をつけますがここでは ファイン リーフ フォーリッジ F1133 オリーブグリーンを使用しました。
以前の記事 【樹木を作る】 では、プラ製の幹に枝葉を付ける場合、瞬間接着剤を使用していましたが 今回は上の写真右の Hob-e-Tac というウッドランドシーニック社の接着剤を使いました。
これは水性、白色なので木工ボンドに似ていますが、かなりベトベト感がありますので、小さなものでしたらその場で保持してくれます。
大きなものの場合は、少し広めに接着面積を取れば良いと思います。

aim6a_3244
上から下に向かって少しずつ枝葉を接着して、こんな感じになりました。

aim7_3254
接着剤が乾燥しましたら ハサミの先で切り分けたり、V字カットで塊部分をほぐしたりして形を整えます。

aim8_3255
最後に ホルベインの フィキサチフ を吹付けてフォーリッジを固め、完成です。