架線(19) 架線柱と架線の取付け

aim1_4298
左右側面アクリル板の穴を黒の塗料で塗っておきます。
上の穴(A)は下の写真のように、黒染め平ワッシャを挟んで、ベースから浮かせて止め、下の穴(B)はそのまま木ネジで止めます。

こうすることで(B)の木ネジの締め加減で、側面アクリル板の傾きを調整します。
上のトロリー線の穴に糸を渡し、片側に輪ゴムを着けておき、架線柱を立てる時の目安にします。

aim2_4946

aim3_4285
張った糸を目安にして、架線柱のフックを合せて取付けますが、接着剤が乾くまで爪楊枝(C)を楔に使って固定しておきましょう。

aim4_5055
柱が固定されましたら、中央の架線両側にコイルバネを取付けリングに吊り下げます。

aim5_5012
左側の架線を取付け、アクリル板の外側を抜け止のクリップで止めます。

aim6_5017
片側ずつトロリー線を曲げてセットしますが、コイルバネの圧縮目安は、長さ10mmを6mm位まで圧縮する位が良いと思います。
(c)部分は最初から90度に折り曲げず、45度曲げぐらいで調整してOKでしたら、直角に曲げて短く切断しておきます。
(b) 部分はアクリルに面一 に、ニッパーで切断しておきましょう。

aim7_5075
架線取付け作業中ステーが柱から抜けてしまいましたので、帯板(D)を柱に巻いてハンダ付けしました。
柱を真鍮パイプにして、全てハンダ付けで組み立てた方が良いかもしれません。

aim12_5128
こんな感じに架線が取付けられましたので早速機関車を置いて見ました。
あとはアクリルカバーを乗せる化粧ベースと背景を付けて完成です。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中