架線(9) 線路-枕木・バラスト

bim1_3327
枕木とバラストを道床に貼り付ける手段として、ここでは両面接着テープを使ってみたいと思います。 この方法は木工ボンドを使用したときのように、乾いてしまう時間を気にして作業を急ぐ必要がない利点があります。
また両面接着テープは、絨毯用などの強力なテープを使うことも出来ます。

bim2_3329
治具板によりテープに貼った枕木を裏返して 道床に貼り付けます。
枕木一本ずつしっかり押しつけ・・・

bim3_3330
静かにテープを剥がします。

bim4_3331
上からバラストを撒き、良く押しつけます。

bim5_3333
道床のテープに張り付いたものだけを残して、トントンと払い落して下さい。

bim6_3335
枕木の表面を当て木に巻いたサンドペーパーでスリ落としますが、それぞれの高さ違いによって スリ落とされる量が違いますので、枕木の色に変化が付きます。

bim7_3345
真上からみて下地の両面接着テープが透けて見えるようなところは 少し粒の小さいバラストを落して補修し、バラストの厚みなども修正して 筆で表面をならして木工ボンド水溶液をかけます。

bim8_3347
犬走り部分に流れ出した木工ボンドは、ティッシュペーパーなどを丸めたもので吸い取り、枕木の上の木工ボンドも筆先などで吸い取っておきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中