架線(4) 架線柱ブラケット

aim1_2932
厚さ12mm(85mmx85mm)の合板に図面のコピーを貼り、架線ブラケットを製作するための治具を作りますが、今回は必要個数が2組ですので、治具がなくても少し多めに作ってその中から良いものを選んで使えばOKです。
上部より、左側丸棒は径4mm竹製、右側はt2x5mm桧棒、中部の丸棒折り曲げ角部に打ち込んだ釘は径1.2mm 、下部の左は径1.2mm 右は径1.7mmです。

aim2_2933
真鍮帯板1.5mm幅x0.3mm厚を、4mm径竹丸棒に巻きます。

aim3_2935
ラジオペンチで首の部分をしっかり押さえますが・・・

aim4_2937
外してみますと先が開いていますので、(a)部分をラジオペンチで押さえ(b)部分をセンター軸に合わせるように曲げて調整します。

aim5_2941
こんな感じです。

aim6_2943
これを治具に嵌めて長さをマークし・・・

aim7_2944
ニッパーで片側ずつ切断して・・・

aim8_3056
切断面をヤスリで仕上げておきます。

広告