架線(2) 計画

im01a_100922
レール踏面を基準にした 全体の寸法関係は上の図のようになります。
これはHOゲージ(または16番)に関係する寸法ではありません。 あくまでも私の手持ちの機関車に対応した寸法ですのでご注意下さい。

im02c_10092a
この架線の構造は、架線(1)と架線(2)のそれぞれ両端をU字型に曲げ、圧縮バネ(5)を介してつなぎます。
同時に架線柱ブラケットに設けた リング(3)に架線上部を左右より差し込みます。

ステー(4)は スプリング(5)の外側を巻くようにして架線を保持します。
このような構造のため 架線(1)と架線(2)は一定の張力をもってつなげられる事になり、架線の直線性が保たれます。

im03c_1092b
この架線および架線柱を展示台(11)に取り付ける時は、架線の通る穴(14)を明けた透明アクリル側板(12)を 木ねじ(13)で展示台(11)に固定し、穴(14)に通した架線の張力を調整して外側端をL字型に折り曲げてセットします。

また展示台(11)がある程度の長さになれば、側板(12)を、カラーアクリルにしたり、鏡アクリル板(12a)にしても良いと思います。

この状態で展示車両を線路に乗せ、上より透明アクリルカバー(15)をかぶせます。

広告

架線(1) 車輌

im01_2420
大好きな電気機関車を飾る時、ぜひ取り付けたいのが架線ではないかと思います。
今から25-26年前になりますが、HOサイズの展示レイアウトを架線集電でやりたいと言うお話がありまして、架線の改良を始めました。

私は特に鉄道模型ファンと言うことでも ありませんでしたので、電気機関車のモデルを持っていませんでした。
そこでパワートラックとパンタグラフとカブースの車体を使って、上の写真のような電気機関車を作りました。

この機関車は実験中 ほんとうに良く走ってくれました。
架線集電は楽しいです。 パンタグラフと架線が上下に少しずつ動いて走る様子は、見ていて飽きることがありません。

im02_2432
その後レイアウト製作のお話は保守等に問題があるとのことで 実現しませんでした。
けれど この電気機関車だけはジャンク箱に入れられる事なく、作業場の棚の隅に置かれていました。
今回は この架線の製作についてご説明すると同時に、この機関車の飾り台を製作しようと思います。

木製枕木の線路(その4) レールのスパイク打ち

aim1_3575
枕木を並べるために使った型紙板に、幅16.5mm幅に線(a)をケガキ、カッターナイフで切り出します。
切り出した厚紙の両側に3mm位張り出してマスキングテープかセロテープを貼り (b)部分を切り欠きます。
この位置がスパイクを打つ場所になります。

aim2_3577
このゲージ板の両側にレールを当て、テープで巻き込むように固定します。

aim3_3582
このゲージ板を枕木に乗せ切り欠いた場所にスパイクを打ちます。
これは練習ですので枕木2本おきにスパイクを打っていますが、 通常は5~6本おきぐらいで良いと思います。

aim5_3585
スパイクを打ち終わりましたら、静かにゲージ板を外します。

IMG_40413g
地肌の見えている部分に、少し粒の小さいバラストを撒いて補修し、木工ボンド水溶液をかけて完成です。