砂浜の流木(2) ベースブロックの加工

AIM01_1818
ブロックの側面にマークキングラインを入れます。

AIM02_1820
ラインの下側に5mm位の深さに切り込みを入れて・・・

AIM03_1821
塗装皮膜を剥がしますが、 皮膜は厚いのでビニールシートのような感じで剥がすことができます。

AIM04_1823
次に発泡スチロールを崩します。
このベースは面積が小さいので指でもOKです。

AIM05_1826
埋め込む部分を深く彫り込み、とりあえず配置してみます。

AIM06_1830
後ろの防風柵は サインペンなどで大体の大きさに描いて、立ててみます。
良いようでしたら これを図面代わりにして 柵をバルサ板で作り 銅線でつないで塗装し、砂浜の粘土部分に埋め込みます。 .

広告