山道のダンプトラック(4) 地面の下地作り

AM01_1502
木工ボンドをその量の約一割の水で薄めたものを、幅5~6cmの範囲に できるだけ凹みの中まで塗り・・・

AM02_1506
上から砂をかけ5秒位しましたら そのまま逆さにして払い落します。

AM03_1517
全体にかけ終えましたら一旦乾かしてください。

AM04_1523
乾燥後は砂の付いていないところや 穴の明いているところがはっきりしますので、そこに砂を落とし込みます。 ここではどの位追加したかがわかりやすいように、色違いの砂を使いました。

AM05_1525
追加した砂に木工ボンド水溶液をかけます。また先に撒いた黄色い砂にも補強を兼ねてかけておきましょう。

AM06_1526
下にたまった木工ボンド水溶液は ティッシュペーパーなどを丸めて吸い取り・・・

AM07_1527
結果 全体に木工ボンド水溶液を撒いたことになりますが、これが乾きますとカリカリな硬い表面ができあがります。

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中