山道のダンプトラック(1) 計画

IMG_40412m
今回は地形を 基本的に発泡スチロールの彫刻で造形してみたいと思います。(タイヤ痕や隙間パテとして粘土を使用します。)

ホームセンターなどで購入した 300×300×50t の発泡スチロール板を用意し、半分に切断して300×150×50t の板2枚にします。

1枚をベースに もう1枚を背景板として、上のイラストのように接着し基本ブロックを作ります。
この発泡スチロール基本ブロックを崩したり 貼り付けたりしながら成形し、表面をサンドシェル技法で固めて 地面製作の原形にしました。

このジオラマに飾るミニチュアモデルは、ボルボ-A40D ダンプトラック   S=1:50       長さ228× 幅76× 高さ75mm です。

.

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中