白頭鷲の止る岩(3) 岩を作る(その2)

 サンドシェル技法の実際
彫刻した発泡スチロールの表面を薄い砂の層で固めます。AIM01_0025_5
木工ボンド原液を約1割ぐらいの水で薄め、発泡スチロールの表面に突くようにして塗ります。
このくらいの大きさでしたら 全体を4回に分けて作業するくらいで良いでしょう。

AIM02_0031_5
砂のフルイ分けで出来た一番細かい砂を使います。
市販品を使う場合はそれに近いものを選び、砂に着色されている色は薄めの色が良いです。
砂は手ですくって一気にかけます。丁寧に少しずつ撒く必要はありません。

AIM03_0030_5
撒いた砂はトントンと指でたたいて払います。
木工ボンドに付いた最下層のみが乾燥してカリカリの皮膜になります。

AIM04_0027_5
次に塗る木工ボンドは、境目で前の砂を掻き回してしまってもかまいません。
またその上から砂をかけます。
木工ボンドの上から砂をかけることが、この技法の基本です。
先に木工ボンドと砂を混ぜたものを塗ると、砂の重みでタレてしまいます。

AIM05_0033_5
側面にハミ出した砂と木工ボンドは良く落としておきましょう。
乾いてしまってからでは取るのが大変です。
全体に砂をかけたら、一旦乾燥させます。
(木工ボンド原液またはそれに近いときは 木工ボンド水溶液よりも乾きは早いですが それでも6時間以上かかることがあります。)

AIM06_0054_5
乾燥後地肌が見えているようなところは木工ボンド原液を塗り・・・
.
AIM07_0055_5
砂をかけて補修します。

AIM08_0058_5
その後全体に木工ボンド水溶液をかけますが、矢印のような穴のあるところは砂で埋めて補修しておきます。

AIM09_0044_5
砂が固まった状態がこんな感じになります。

.

広告

投稿者: cranehilldisplay

大好きなミニチュアモデルを身近に置くことは とても楽しいことです。 このモデルを実体感のある地面、道路、 情景の中に置いてあげれば 何倍ものイメージのふくらみと臨場感を 味わうことが出来るでしょう。 クレインヒルディスプレーは、 模型をより実感的に飾るための ジオラマ・情景模型を製作しています。 web site: http://www.cranehilldisplay.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中