白い小さな家(8) 地面の表面(その3)

BIM01_2201
上の写真(A),(B)はカラーパウダー(色付きおが屑)、(C),(D)はコースターフ(カラースポンジ粒)です。
下地には(A),(B)を使って、その上に(C),(D)でニュアンスをつけるというような使い方をします。
写真右は(A),(B)のカラーパウダーを撒いて固めました。

BIM02_2204
角の部分はボンド水溶液で固定するのが難しいので(流れてしまいます)、先にボンド原液を塗ってコースターフを撒きます。

IMG_40411e
コースターフを撒き終えましたら、ボンド水溶液をかけます。
水溶液が垂れ落ちるほどかけていますが、翌日には乾きますのでOKです。

IMG_40411f
(C),(D)コースターフを撒き終えて、ボンド水溶液で固めた状態です。

仕上げ
BIM04_2224
道路と草地の境目に小石入り粘土粉を擦り込んでニュアンスを付けます。

BIM05_2226
ばらまかれた小石は、カッターナイフの先やピンセットなどで丁寧に調整して・・・

BIM06_2229
ボンド水溶液をかけ一旦乾かします。

BIM07_2237
最後に霧吹きでボンド水溶液を、粘土に軽くしみこむ程度にかけ乾燥させます。
写真撮影の都合上 霧吹きが近くに寄っていますが、もう少し離れた位置からかけます。

BIM08_2223
写真(A)は仕上げ前、写真(B)は仕上げ後です。

BIM09_2239
これで地面の表面を完成とします。
次は以前に製作した木や、背の高い草を作って植えます。

.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中