白い小さな家(4) 地面・道路を作る

BIM01_2080
コルク板の段差部分を成形して地形を作ります。
先のとがったもので、コルクに突き刺し手前に引いて崩す、ような感じで形を作っていきます。

BIM02_2083
上部中央の階段部分を除いてコルク板段差部分を成形しました。

BIM03_2086
アクリル絵の具のニュートラルグレーを、崩したコルク部分に塗ります。
筆先を突くようにすると良いです。

BIM04_2088
グレーが完全に乾燥後 薄く溶いたブラックを流し込み・・・

BIM05_2090
乾かないうちにティッシュペーパーで吸い取ります。
凹凸の奥の方の黒が少し残る状態です。
またここまでを完全に乾かします。 乾くのを待つのではなく、本日の作業はおしまいというようにして、翌日まで待ちましょう。(ドライヤーで乾かす手もありますが・・・)

ドライブラシ塗装

BIM06_2094
新聞紙にアクリル絵の具の白を少し絞り出して、少し固めの刷毛で塗り広げ
場所を変えて刷毛を左右に動かし、毛先の絵の具を落とします。
新聞紙の文字に軽く色が乗る程度になりましたら・・・

BIM08_2104
コルクベースのグレー塗装の表面を、箒で掃くような感じで繰り返し擦ると
上の写真のように より細部が強調されてきます。
筆使いは、幅5cm位を1秒間に1往復以上、靴を磨くときのブラシの動きに近い状態で動かします。(大体の目安です)
上記ドライブラシの方法はジオラマ地形に対してのものです。
プラモデルにおけるドライブラシ塗装とは、その塗料や筆など種類や使い方が異なると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中